4月9日(日)新井素子先生×嵯峨景子先生トークショー&サイン会決定!!

2017年4月9日(日)15時~ | 書泉ブックタワー9Fイベントスペース(秋葉原)

『星へ行く船』全5巻完結記念!!

第5巻『そして、星へ行く船』の発売を記念して、新井素子先生と、新井先生が帯文を寄せた『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』を刊行されたばかりの嵯峨景子先生が、秋葉原 書泉ブックタワーにて少女小説を熱く語ります!

実作者と研究者が少女小説を立体的に浮かび上がらせるトークショウです。

お2人のトークをお楽しみいただいた後に、サイン会がございます。

イベント詳細

  • 日時:2017年4月9日(日)
    15時から17時予定
  • 開催場所:
    書泉ブックタワー9Fイベントスペース(秋葉原)
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-11-1
  • TEL:03-5296-0051
  • 交通アクセス:
    JR(京浜東北線・山手線・総武線)・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス秋葉原駅
    道順:東京メトロ日比谷線の5番出口出てすぐに見える建物です。
    ※JR線(昭和通り改札口)でお越しのお客様は、地下鉄日比谷線の連絡通路をご利用頂き5番出口を出られると、信号待ちもなく大変便利です。
  • 主催:書泉ブックタワー
    協賛:出版芸術社 彩流社
20170310144321.jpg

参加申し込み方法

  • 料金:
    『そして、星へ行く船』(1,500円+税/新井素子 著/出版芸術社)
    また、『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(1,800円+税/嵯峨景子 著/彩流社)いずれかご購入の方。
  • 参加申し込み方法:
    『そして、星へ行く船』(1,500円+税/新井素子 著/出版芸術社)
    また、『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(1,800円+税嵯峨景子 著/彩流社)のいずれかをお買い上げいただきましたお客様先着70名に参加券を配布いたします。(お立見のご用意もあります)

    電話でのお申し込みは
    「新井素子先生・嵯峨景子先生トークショウ&サイン会のご参加とお申し付けの上、お名前とお電話番号をお伝え下さい。
    ご予約頂いたお客様はイベント開催時に、書泉ブックタワー1Fにて、参加券をお渡しいたしますので、1Fレジカウンターまでおこしくださいませ。

出演者

  • 新井素子(あらい・もとこ)
    1960年東京生まれ。立教大学ドイツ文科卒業。77年、高校在学中に『あたしの中の......』が第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選、デビュー。 少女作家として注目を集める「あたし」という女性一人称を用い、口語体で語る独特の文体で、以後多くのSFの傑作を世に送り出している。81年『グリーン・レクイエム』で第12回星雲賞、82年『ネプチューン』で第13回星雲賞、99年『チグリスとユーフラテス』で第20回日本SF大賞をそれぞれ受賞。『未来へ……』(角川春樹事務所)、『もいちどあなたにあいたいな』(新潮文庫)、『イン・ザ・ヘブン』(新潮文庫)、『ダイエット物語……ただし猫』(中央公論新社)など著作多数。
  • 嵯峨景子(さが・けいこ)
    1979年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。専門は社会学、文化研究。現在明治学院大学非常勤講師、文化学園大学文化ファッション研究機構共同研究員。共著に『カワイイ!少女お手紙道具のデザイン』(芸術新聞社、2015年4月)、『現代社会学事典』(「投書」項目執筆弘文堂、2012年12月)など。主な論文に「吉屋信子から氷室冴子へ 少女小説と「誇り」の系譜」(『ユリイカ』2014年12月号「百合文化の現在」)、「ジュニア小説の盛衰と「少女小説」の復活―1960年代から80年代の読み物分析を中心に」(『ライトノベル・フロントライン1』2015年10月)など。

問い合わせ先

イベント詳細ページ

『星へ行く船』全5巻完結記念!! 新井素子先生×嵯峨景子先生(少女小説研究家)トークショー&サイン会決定!! - 書泉/神保町・秋葉原
2017.03.11 23:09最終更新